Nintendo Switch版のダブクロを再開させたオッサンハンターだが、

何しろ2年半振りのMHXXと言う事で、ほぼニューゲームをやり始めるのとさほど変わらない。



クエスト受注の仕方から、アイテムメニューの見方、ふらっとハンターシステム、

交易窓口、チャットのやり方、猫飯のチョイス、etc・・



まったく最初から覚える感覚で、新しいオモチャを与えられた子どものように

Nintendo Switch Lightをガチャガチャと楽しみながら操作しまくっている(笑)



NDSL(Nintendo Switch Light)の操作感は3DSと比べると抜群に良く、

MHP2やMHP2G時代のPSPの操作感を思い出させるが、

PSPより断然NDSLの方が操作しやすいと個人的には感じている。




さて、肝心のダブクロだが、




メイン武器のチャージアックスの操作をあきれる程忘れてるオッサンハンター・・



納刀と回避ボタンの押し間違えなんてのは当りまえで、溜め2連切りや、

高出力属性解放切り、属性強化モードへの派生等、思い出すのにも一苦労である。



で、一番苦労しているのはと言うと・・




「マップ」である。




各フィールドマップが完全に記憶から飛んでいて、

方向音痴のオイラにとってはエリアチェンジごとに一体今どこにいるのか?

を把握するのに必死で、モンスター討伐やアイテム採取等に全くおいつかない始末(汗)



更に困った事に、

上位クエスト以上になるとマップが表示されないので、

暗黒の世界をさまよう盲目ハンターと化したオッサンハンター(汗)



上位クエスト遂行が困難この上ない高いハードルとなってしまっていた。



年を負うと動体視力や記憶力が落ちるとは言うが、

モンハンというゲームを通じてそれを痛感させられとは・・



そんな心が折れそうになったオッサンハンターを癒やしてくれるのは、

キャラバンの看板娘ソフィアちゃんだけである(笑)



1gaido

 


※ソフィアちゃんとは緑の帽子をかぶったMH4、MH4Gに登場した天然看板娘である。
MHXXでもマイルームのルームサービスをソフィアちゃんに設定できるのである♪ 



マイルームで優しく慰めてくれるソフィアちゃんとの会話を楽しんでいると、

ふと聞き慣れないフレーズを耳にした。




「アイテムお届け隊」




ソフィアちゃんから紹介された「アイテムお届け隊」を選択してみると、

それはまさにオイラが待ち焦がれていたドンピシャな機能だった。



「アイテムお届け隊」とは、

クエスト中にハンターのもとへ直接アイテムを届けてくれる
機能のことで、クエスト前に申請し、龍歴院ポイントを支払うことで利用できる。



クエスト中に、依頼したアイテムの所持数が0になる等の、

お届け条件を満たせばアイテムを搭載したロケットがハンターの元に飛んでくるという仕組み♪



その届けてくれるアイテムの中にナンと!

「地図」が存在しているのである!




S__22618134



上位・G級クエなど、クエスト出発前にお届け隊に「地図」を申請しておけば、

クエスト開始とほぼ同時にハンターの元に「地図」が届くのである♪



さぁ嬉しい!

やぁ嬉しい!



等と、マイルームにいるソフィアちゃんと喜びを分かち合うオッサンハンター(アホ)



という訳で、


「アイテムお届け隊」と言うありがたい機能をソフィアちゃんから紹介され、

自身のプレイヤースキルの低さはすっかり忘れ、勝手に有頂天になるオッサンハンターであった。



モンスターハンター ブログランキングへ参加中♪
ポチッと応援ヨロシクです(*´∀`*)

↓↓↓
にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ